街かどクイズ・ウキウキストリート>番組ロゴの変遷
番組ロゴの変遷
 
「街かどクイズ・ウキウキストリート」はタイトル変更、ルール変更にあわせて随時番組ロゴを変更してきました。ここでは、その歴史を振り返ってみましょう。
レギュラー放送の番組ロゴ
 (画像なし) @黎明期
「クイズ!ウキウキ大作戦」という名前でクイズ企画はスタートしました。当時はウキウキスロットを使うことはなく、ロゴ自体も「ショーバイ」風ではなかったと記憶しています。いかんせん1995年開始のクイズでしたから、画像は残っていません。
A2代目
「CHANNEL G@3 QUIZ HOUR 超ウキウキストリート」という名前でクイズ企画を復活。何が「超」なのか今となってはさっぱり(笑)。ロゴは「ショーバイ」のデザインから5萬の顔から出る汗を省略し、配色はできるだけ「ショーバイ」に近づけましたが、「超」だけ赤色です。ちなみに、50萬と5萬の顔の線が細いのも特徴。
第1回〜第3回まで使用。
※調べたら背景は青色でした。
B3代目
番組タイトルを「街かどクイズ・ウキウキストリート」に改めてから使用。このコーナーの人気が出始めたときの頃のデザインです。見た目はほぼまんま「ショーバイ」ですが、5萬の汗が省略されているのは2代目デザインを引き継いでいます。
全デザインの中でもっとも「ショーバイ」に忠実。
※現在のトップページのロゴがこのロゴなのはこのためです。
第4回〜第7回まで使用
C4代目
得点単位が「点」からショーバイと同じ「萬」になったのにあわせて使用。いわゆる「絶頂期」に使わせてもらいました。この頃から「番組コンセプトがショーバイとは違うのでオリジナル色のあるデザインを作ろう」ということで5萬のいない50萬だけの顔になりました。おそらく最も長く使ったデザインだと思います。
第8回〜第15回まで使用
D5代目
さらにオリジナル色を出すために特別デザイン。辛うじて50萬の顔が小さく入っています。
第16回のみ使用
E6代目(通常・地域特集用)
原点回帰として一番ショーバイに近いデザインに戻す。尚、3代目とはウキウキストリートの文字が微妙に異なる。
第17回より使用。なお、20回記念の番組リニューアルでもロゴに変更はなかった。
E6代目(アーティスト特集用)
アーティスト特集は背景が薄緑色になり、通常開催と区別するようになった。ただし、第22回(仙台在住シンガーソングライター山田祥子でクイズを作ってみた!)ではセット変更が間に合わず、オープニングは通常のものを使用した。
F新装開店・ウキウキストリート
本家の「新装開店!SHOW by ショーバイ!!」に合わせたペア制の放送回が追加されました。ロゴは本家に倣ったもの。ただし、このサイトの正式なタイトルは「新装開店ウキウキストリート」です。管理人もたまに「新装開店!ウキウキストリート」と書いてしまいますが。
司会席のバックモニタと解答席の解答モニタはこのロゴになりましたが、スロットのロゴは本家がそうだったように、こちらも「街かどクイズ」のまま。また、問題画面と正解画面の背景画像(薄い青と薄いピンク)のロゴもよく見ると「街かどクイズ」のままになっています。こういうやけっぱち感も完全再現しています(笑)。
G7代目
30回記念放送、ゆぅの店長代理就任に合わせ、司会者席バックモニタがワイドに変更。それに合わせ、ついにロゴも16:9の現在のテレビ比に変更。同時に「ウキウキストリート」の文字のフォントが変更された。
H新装開店2代目
Gと同じタイミングで、新装開店のロゴも変更。そういえば「新装開店」って司会者席使うページがないから使わないか?(笑)
特番時のロゴ
@第3回・クイズスーパースペシャル形式
日本テレビ系列で番組改編期に放送さた番組対抗スペシャル、いわゆる「4時間SP」形式のクイズを第3回で実施。2代目のロゴをベースにやたら長い番組名を「ショーバイ」のロゴに収めてしまうという荒技は本家同様にしました。そのため、50萬、5萬の顔が気持ち細長くなっています。
A第4回・まるごとタイ!?スペシャル
管理人が2003年に行ったタイ旅行からほぼ全問題を出題したスペシャルです。「ショーバイ」の改変期特番といえば「逸見VS山城」の2チーム対抗戦で、その形式で開催しました。「クイズ世界は…」の「世界は」が「春満開」とか「正月は」とかに変わるところも「秋満開」としてバッチリ再現。
「まるごとタイ!?スペシャル」というサブタイトルは普通挿入しないのですが(本家では最終回のみ?)、「全問題タイから出題」を強調したくて敢えていれています。
ちなみに、よく見ると「ウキウキストリート」の文字がレギュラー放送と微妙に異なります。
B第7回・第1回ウキスト王者決定戦スペシャル
この回は長ったらしいタイトルですが「4時間SP」形式ではなく、通常の個人戦です。「ダウンタウンDX」(当時はクイズ番組的内容でした)、「マジカル頭脳パワー!」、「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」と「街かどクイズ・ウキウキストリート」を数問ずつ順番に出題し、優勝を争いました。
最後の「ダービー」は「クイズダービー」で、当初は決勝ラウンドでおこなう予定でしたが、4ヶ月の長丁場企画になったので省略しました。
C第10回・街かどクイズ・ウキウキストリートBlack&Bitter
本当は特番ではなく、通常放送のバージョン違いとして企画。4代目ロゴの色を変えて、50萬の顔の上に「Black&Bitter」の文字を上書きしたひねりも何もないデザイン。
クイズは2問単位で、ゴリィがランダムに選んだパネラーにあらかじめ答えを教え、スロットの点数も任意で決められるようにし、他のパネラーにバレないようにクイズに参加してもらい、3問目と6問目に答えを知っていたパネラーを予想してもらい、予想を的中されると点数が横取りされる、というルールでした。あまり面白くなかったので1回で終了。
D第21回・かずなとゴリィの!なんでもSHOW by ショーバイ!!ウキウキストリート
2016年春、ショーバイサイト最大手のかずなさんのサイト「かずなのなんでもSHOW by ショーバイ!!」とのコラボ開催。かずなさんサイト、ゴリィサイトから主に書き問題以外の問題を交互に出題する形式。最大の特徴は「チーム戦」で、気軽に参加できるよう解答人数の違いを補正する「平均倍率システム」が導入されました(この発想はさすがかずなさん!)
クイズの他にも「大ミリオンスロット大会」として全員1回ミリオンスロットに挑戦してチーム得点に加算しするなどの企画も行われました。基本的にかずなさんサイトのルールに準じての進行でしたが、「破産は全額没収」「ラストクイズはダブル解答」はゴリィサイトルールになりました。なお、この回からオープニングクイズの「ゴリィが歌ってみた!」が再登場。個人的には大人数開催のノウハウを教えてもらって大変勉強になった回です。
Eクイズ夏本番・ウキウキストリート
2016年梅雨の時期から開始。なのにタイトルは「夏本番」おそらく番組が佳境を迎えるだろうタイミングを意識したネーミング。たしぼうさんチームとしのひなさんチームの対抗戦で、総取り15萬を出しまくったたしぼうさんチームの圧勝。以降、総取り15萬の出現率が大幅に引き下げられました。
Eクイズたしぼうのウキウキストリート
2016年の「クイズ夏本番ウキウキストリート」のキャプテンクイズの1問限りで使用した贅沢バージョン。たしぼうさんが司会者交代権をゲットし、司会になる際はこちらが使用されます。
Eクイズしのひなのウキウキストリート
2016年の「クイズ夏本番ウキウキストリート」のキャプテンクイズの1問限りで使用した贅沢バージョン。しのひなさんは既に司会交代権を持っているので、司会になる際はこちらが使用されます。
Eクイズ高知県民のウキウキストリート
2016年の「クイズ夏本番ウキウキストリート」のキャプテンクイズ用に準備。高知県民さんもキャプテン立候補していたものの予選(?)で敗退し幻に。しあしながら、高知県民さんは既に司会交代権を持っているので、司会になる際はこちらが使用されます。
Fクイズ20周年はウキウキストリート・司会者ゴリィはシンガーソングライターSP
サイト20周年記念と、司会者ゴリィのシンガーソングライターデビューを記念して開催された特番企画。一応、「アーティスト枠」開催のため背景が黄緑色になっています。クイズはゴリィの音楽遍歴から出題、「ゴリィが歌ってみた!」が7問も出題されました。
また、「ゴリィvs解答者連合」でトラベルマネーの獲得を争う形式を初実施し、ラストスロットでゴリィが高額マネーを出して2スタジオとも圧勝という結果になりました。この企画は今後も不定期に実施予定です。
ボツ企画のロゴ
@ウキストブレインパニック!!
これなんだったけなぁ?ボツ企画だったような・・・。
→やっぱりボツ企画で、ボツフォルダに眠ってました。マジカル頭脳パワーみたいな問題が5問出題され、ラストクイズ以外はスロットを使わないクイズだったようです。「点」時代の企画と思われます。
今度やってみようかな?全く同じ問題で(笑)←正解が残ってないので無理。
Aゴ泉のウキストダービー
「クイズダービー」と「ショーバイ」の合体クイズができないか考案したものの、ルールが複雑なので断念しました(笑)。
ルールを精査した上で一度やってみたいなぁ。
ツイキャスで使用
@16:9のロゴ
ハイビジョン放送の16:9比に対応したロゴ。現在、ツイキャスの「ゴリィの活動紹介」の中で使用しています。司会者席セットを作り替えたら16:9ロゴを採用する予定です。解答者席はミリオンスロットを16:9にするのが難しく、解答者席の幅も限られるのでこれまで通り4:3で使用する予定。
Aシンガーソングライター・ゴリィのウキウキRADIO!!青
ゴリィの配信するツイキャスのひとつ。こちらは前半で仙台在住のアーティストの紹介、後半がゴリィの生歌を歌う60分配信。比較的真面目な音楽トーク番組。「ウキウキRADIO」の文字が「ウキウキストリート」と微妙に変わっている(サイトトップと同じフォント)。
ロゴが少し上に寄っているのは、画面下にテロップを表示させることができるため、ロゴと被らないようにしているからです(以下同様)。
Bシンガーソングライター・ゴリィのウキウキRADIO!!赤
ゴリィの配信するツイキャスのひとつ。青配信との違いは、「コラボ枠」というリスナーが直接配信に参加できる枠を開放し、歌を歌ってもらったり、雑談をしたりという配信。「青」と一応構成は一緒だが、コラボ枠の参加の関係上進行が全く読めません。ちなみに、赤配信ではゴリィは一度も歌わせてもらっていません(笑)。
Bシンガーソングライター・ゴリィのウキウキRADIO!!緑
ゴリィの配信するツイキャスのひとつ。配信開始の通知なしで、ゴリィが好きなことをしゃべります。曲をかけたり自ら歌うのはまれ。
Cシンガーソングライター・ゴリィのウキウキRADIO!!金
ゴリィの配信するツイキャスのひとつ。パチンコネタを扱う。

Copyright:ゴリィ 1995- 当サイトの画像・音声・文章の無断転載を禁じます。
inserted by FC2 system