ゴリィオフィシャルサイト参加型ネットクイズクイズ・ウキウキストリート>ミリオンスロット
ミリオンスロット(第4シーズン)
「ウキウキストリート」シリーズでは、各問題の正解時のトラベルマネーを「ミリオンスロット」で決めています。一部、本家の「SHOW by ショーバイ!!」にはない出目や扱いが異なる出目が存在します。
出目 説明 ウキウキストリートオリジナル出目
【破産】[効果音]
基本的にラストスロット(新装開店はハイパーミリオンスロット)のみで出現する出目。これが出てしまうと得点が全て没収になり0になってしまいます。ちなみに、マイナス点の場合も0になります。本家「ショーバイ」でも途中から登場しました。第1回から現在まで使用しています。
【5萬】
最低点数の出目。本家「ショーバイ」でも数々のドラマを生み出した出目です。
【10萬】
ちょっと寂しい出目ですね。特に特徴はありません。
総取り15萬】[効果音]
正解時に全員から15萬ずつ(但し15萬以下のパネラーからは持っている分だけ)点数を横取りできます。よって、点数の少ない番組前半より、点数を持ってる人が多い後半に出たほうが得。現在は、ラストスロット/ハイパーミリオンスロットのみで出現。
第3回から現在まで使用しています。
【20萬】
毒にも薬にもならない感じの点数です。特に特徴はありません。
プラマイ25萬】[効果音]
第20回放送から復活。正解するとそのまま自分のマネーになり、不正解の場合はマイナスになります。ラストスロットでは出ません。ギャンブルチャレンジと「新装開店」では単なる25萬。
【30萬】
出て正解するとちょっと嬉しい点数です。特に特徴はありません。
バラマキ35萬】[効果音]※効果音もオリジナル
第30回放送から再登場。正解するとマネーを獲得できますが、不正解の場合は自分がマイナス35萬されます。そして、その35萬をその問題の自分以外の不正解者で分配し、マネー獲得できます。ただし、自分以外が全員正解の場合はマイナスを回避できます。出現率は高くありません。また、ラストスロットでは出ません。ギャンブルチャレンジと「新装開店」では単なる35萬
横取り40萬】[効果音]
扱いは本家「ショーバイ」とほぼ同一で、正解するとトップから40萬横取りできます。トップが複数名いる場合は均等割りした点数をそれぞれから横取り。トップの得点が40萬未満の場合は、持っている点数しか横取りすることができません。
第4シーズンから同一スタジオ内で複数出現しないよう制御がかけられています。
【50萬】[効果音]
出て正解するとかなり嬉しい点数です。
【FEVER】[効果音]
通常のパネラー席スロットでは稀に出現。正解すると自分の得点が2倍、不正解だと破産という両極端な扱いが特徴です。こちらも意外なことに第1回から使用しています。
【100萬】[効果音]
第4シーズンに入り、パネラー席では出ていませんでしたが、マネーマイナス制採用時に出るようになりました。「新装開店」ではバンバン出ます。
【200萬】[効果音]
マネーマイナス制と同時に、ラストスロットに登場。第4シーズンに入ってからは出現実績はありませんが、第3シーズンまでに数回出現実績があります。
新装開店では、パネラー席でも一応回っていますが、出る確率は激低です(笑)。
【500萬】[効果音]
「新装開店」のハイパーミリオンスロットのみ出現の可能性あり。出現率1/1000とかなり幻の出目。第4シーズンでは出現実績がありませんが、過去に1度だけ止まったことがあります。「街かど」でも特番時は出現するように設定することがあります。
 
スロットこぼれ話
#19 ラストスロット(正解者が多かったので一斉)で、しのひなさんが100萬をだし、その横でたしぼうさんが破産。しかしダブルスロットでたしぼうさんが100萬を出し、1回の放送で2回100萬が出た回になりました。マイナス制導入前で100萬確率低いころだったのになぁ…。本家の野沢直子さん、故・中島啓江さんの連続100萬を彷彿させてもらいました。
ちなみに、この回はゴールドプレート6枚という大打撃の回でした(笑)
#20 トラベルマネーマイナス制導入の初回。鳴り物入りで再登場した「プラマイ25萬」・・・だったはずが放送では出現すらせず。たしぼうさんから「出現率上げたほうが・・・」と助言をいただきました。ちなみに、出現率は変えていませんがその後順調に出るようになrました。
#21 (かずなさんとコラボ回)Bチームが横取り40萬を連発し荒稼ぎしていたものの、Aチームのラストスロットで横取りの餌食になり、優勝不可能な状態に撃沈。Bチームの一員の店長ゴリィが「仕方ないね、因果応報ってやつだよ」と名言?を残した。
トップ争いがかかったところでたしぼうさんが破産をひきDチームは敗北。一方でそのたしぼうさんが正解率トップだったという皮肉な結果に。そこで、かずなさんが特別に金塊をプレゼントするというボーナスを出してくださいました。 
#25 (新装開店)第3問で、5チームすべてに100萬が停止するという珍現象発生。正解が少なかったので番組としては難を逃れましたが(笑)
この回も500萬到達、ラストクイズピタリ賞2人で、6名のプレート獲得が出た番組泣かせの回でした。
#27 この回はスタジオのパネラー連合対ゴリィの対決企画。ゴリィは過去高額マネーを叩いたことがないが、この回はAスタジオで「FEVER」、Bスタジオで「50萬」を叩き出し勝利した。特にAスタジオでは「パチンコ好きの店長がパチンコを使った問題でFEVER出すなんて」とヒラ(当時)のゆぅにからかわれました。
#28 (新装開店)高知県民さん・旅人さんペアが「ドリームジャンボクイズ」で正解し、560萬に。誰もがプレート獲得と思いましたが、ハイパーミリオンスロットで5萬を叩き出し、いっぽうでしのひなさん・Mr.YOUさんペアが出した横取り40萬(2人正解)で500萬から陥落。さらにラストクイズでMr.YOUさんがピタリ賞を出し、史上最低マネーでプレートを獲得することに。ゴリィの操作疑惑も疑われましたが、そんなことはしていません!(笑)
#30 ゆぅの店長代理就任に合わせ、バラマキ35萬が登場しました。また、スロット停止時の効果音を本家のものに置き換え(ネットから収集)。ちなみに、オリジナルの総取り15萬はネットから拾った音、バラマキ35萬は、25萬の倍速再生×2、これまで音のなかったFEVERと500萬はパチンコ「フィーバークイーン2DX」より。


Copyright:ゴリィ 1995- 当サイトの画像・音声・文章の無断転載を禁じます。
inserted by FC2 system