#9:【お便り紹介】かつて「ウキウキストリート」には「指定席」があった件
  こんにちは。ゴリィです。
今回はMr.YOUさんからメッセージを頂きました。ありがとうございます。
  お久しぶりです。体調の方はどうでしょうか?
今年1月には岩船ひろきさんのホールワンマンライブで初めてゴリィさんにお会いする事が出来ました。
今回は時間がなかったので、また機会がありましたらゆっくりウキストなどのお話がしたいですね。
そしてウキストの思い出ですが、久しぶりに参加をさせて頂いてますが1番盛り上がりがあったのは枠指定があった時かなと思います。
自分は高知県民さん、たしぼうさん、しのひなさん、小鳥遊ちこさんがいたAスタジオで一緒に楽しませてもらいました。
今は集まるのはかなり難しいですが、またこの5人が集まって同じスタジオでクイズに参加してみたいですね。
そしてAスタジオの5人で何か印象に残っている事はありますでしょうか?
もしよろしければお答えお願いします。
   
  元気です。
  ご心配ありがとうございます。元気ですよ。太陽の光は浴びられていませんが、なんとかなるもんですね。
さて、1/28の岩船ひろきさんのホールワンマン、連れて行ってもらいました。Mr.YOUさんにもお会いできてうれしかったです。
ところで、今年はコラボにも登場しなかった岩船さん、新装開店2でも実は通称「岩船問題」が設定がなくなったのですが、応援していないわけじゃなく、以前のように会いに行けなくなったのでクイズで紹介する題材が無くなってしまったのが一番の理由。そして、そもそも「岩船169萬」がレアカードとして設定があるため、紹介はそれで充分と判断しているからです。
変わらず応援していますよ。
   
  「ゴールドプレート特典」の一環
さて本題。
「固定枠制度」は当時の「ゴールドプレート獲得特典」の一環でありましたね。早々に枠が埋まり困ってしまった企画でした(笑)。ほかにもトドメガネグッズプレゼント等ありましたね。懐かしい。このサイトが一番盛り上がっていた時期でもありますが。
Aスタジオは、1枠高知県民さん、2枠たしぼうさん、3枠Mr.YOUさん、4枠しのひなさん、6枠小鳥遊ちこさんでしたね。take11さんはBスタジオの1枠、旅人さんは2枠・・・といった具合に、Cスタジオまで指定が埋まったいた記憶があります。
座席指定のほか、「司会者交代」ってのもありましたね(笑)。
特典の維持が難しくなったのでやめたのですが、皆さんに「たまにはクイズ出す側もやりたい」ニーズがあれば、「司会者交代」は又あってもいいのかな、とも思ったりします。この辺はメッセージをお寄せいただければ、と思います。
   
  Aスタジオの思い出
  Aスタジオは、参加人数によらず必ず設置されるスタジオであったことから、色々な思い出があります。
確か、1枠に最初指定されたのはたしぼうさん。後に高知県民さんが規定を満たし、「1枠はキャラ的に高知県民さんだろう」ということでたしぼうさんに頼み込んで変わってもらった経緯があります。そして、Mr.YOUさんが3枠になったときは「高田純次っぽく」とキャラを指定して見事に演じてもらいました。その節はお世話になりました。。しのひなさんと小鳥遊ちこさんは6枠を争ってもらったなぁ。
「高知県民vsたしぼう」の対抗戦もやりました。高知県民チームが三色烏さんの500萬(笑)でたしぼうチームのラストスロットを待つことなく優勝を決めちゃった回。
あの頃はパネラー間の対立軸やパネラーの個性が今より明瞭になるようにしていたので、内輪という批判はあっても仲間内では盛り上がりましたね。今ではできませんが。
   
  座席指定はもうやららないけど…
  今は登録順の座席順にしていますので、誰でも1枠に座れるチャンスがあり、これはこれでいいのかな、と思っています。かずなさんとこみたくランダム係数で振り分ける方法もどこかで試してみたいですが。そんなわけで座席指定の再導入は考えていません。
前述の通り「司会者交代」はまたあってもいいのかな?と思いますが、ニーズはあるのかな?と。クイズ出してみたいという人はメッセージでお寄せ下さい。
あと、持ち込み企画もお待ちしています。たぶん今後は「街かどクイズ・ウキウキストリート」と「新装開店!ウキウキストリート2[SECOND]」が残っていくと思われます。
   
  「たまにはクイズを作りたい!」というニーズはどれくらいあるんでしょう?
「クイズを作りたい」っていうニーズは「赤恥ゴリ恥」のような1問レベルのものから、「番組一回」レベルまでありますが。「赤恥ゴリ恥」の出題側に回りたい方は、YouTubeに連載企画としても考えますのでメッセージをください
と、後半は「Aスタジオの思い出」とは離れてしまいましたが、「街かどクイズ・ウキウキストリート(#48)」のAスタジオが似た顔ぶれの争いなので、点数争いを楽しみながら見ています。Bスタジオも200萬引きずり下ろしが見れるか(笑)という見どころもありますし。
   
戻る
 


🄫1996- TODOROKI RADIO All Rights Reserved.
inserted by FC2 system