木曜日の轟RADIO 
 
  2020.02.04号「できないものはできないと言わないとね」
  ゴリィです。今、欲しいのは「お金」と「時間」です(笑)。みんな一緒ですかこういうのは。

でもね、あんまり欲しすぎてYouTubeの「金運がアップします」動画とか見まくったのよ。あれ、確かに周波数を考えて音楽を作っているし、多分動画の色使いや演出も工夫しているんでしょうね。本当に金運がアップしたり幸福が訪れるかは知りませんが、とりあえず魂にはなんか響くものがありましたよ(笑)。

では、今週の「木トド」いってみましょう。
   
  今回はお便りをいただいています。
  さて、今回はひさびさにお便りの投稿からです。MrYOUさんからです。いつもありがとうございます。
   
  トドの妖精の色分析をやられたみたいなのですが、自分は他の妖精もすごく気になるので手始めに自分が考えたトドラジゲでやってもらえないでしょうか?よろしくお願いします。
ちなみに個人的にですが、色が2色使われているトドラックもすごく気になります。
   
  なるほど。確かにそれは気になりますよね。

前回分析した妖精の話で行くと、あの妖精達は「色の知識をまあまあ持っていた」ゴリィがその知識を使って色を決めた、という面があります。そして、配色を決めたのは私自身です。

それ以外の妖精は皆さんが「『当時の』感性」で色を決めたと思います。そこにどういった意図や心理があったのかをここで話すのは、2つの意味であまり意味がないのです。
①そもそも、「感性」を色だけで一方的に決めつけるわけにはいかない(カラーセラピー上では禁止事項です)
「当時の」感性を分析することにあまり意味はない(今日配色したトドの妖精の色について掘り下げるならできる)。
   
  カラーセラピーとは?
  相手がなぜこの色を選んだか、対話」を通じて深層心理に気付いてもらうことがカラーセラピーです。

ツイキャスでやっている「お題に対して色を選んでもらう」という手法の他にも、僕が知っている技法は3つあります(今回は省略)。ちなみにツイキャスで今度やるときは違うことをするかもしれません(笑)。尚、この4つの技法以外、今やるのは望ましくないとも思っています。

ちなみに、先日のツイキャスで「気持ちが安らぐ色は?」と質問したら「茶色」「青」「緑」が出ました。理由を聞くと人それぞれ思い起こされるものが違い、ひょっとしたら思ってもいなかったコメントをした方もいるかもしれません。それが深層心理にあるもので、それを応援する色を提案しました。最初に選んだ色も皆さん違えば、僕から提案した色も全員違ったと思います。

このように、カラーセラピーは「対話」がないとやはり成立しないのです。だから、ツイキャス「轟RADIO」の中だったらできないわけでもないんですが(キャラクターの設定をそう決めた理由を聞くのとセットです)、ここで一方的に・・・というのは僕はちょっと控えさせてください。
   
  セラピーを考えなければ・・・
一般論としての色分析を踏まえて「この妖精にはこういう活躍をさせたい」というのを考えることができますが、なんにせよ色を使って何かを話すときはものすごく神経を使います。ちょっとまだそれに耐えられる精神状態には回復してないので、それはまた日を改めて(笑)。

というわけで珍しくご要望にお答えできずゴメンナサイ。それでも、自分の中で「違うな」と思ったことでセラピーや分析をしてもあまり望ましい結果は出ないので、ご理解くださいましたら嬉しいです。
   
「木曜日の轟RADIO」では、ゴリィへの質問、ゴリィに聞いてもらいたい話、オススメのアーティストの紹介など、メッセージを募集しています。コーナーのトップページのメッセージフォームからお寄せください。クイズや音楽に全く関係しない内容でも全然OKです!
では、今年もよろしくお願いします!
エンディングテーマ「とどめがすまいる」
 

たちつてトドメガネ配信先】【Take it Easy配信先
 
TOPに戻る
 


🄫1995- TODOROKI RADIO All Rights Reserved.
inserted by FC2 system